ペットうさぎのためのオリジナル健康食・ラビットフード通販【うさぎファンクラブ本店】

ホームうさぎの寒さ対策

うーさんの寒さ対策

夜の気温が10度を下回るようになると
金属のケージは冷たさが気になります。
フローリングの床、窓壁ぎわは夜間思いのほか冷えるのです。
特に病弱、高齢の子たちは体調をくずすこともあります。
飼い主さんがコートを考えるようになったら防寒対策してあげましょう。

間違いやすいこと
1 ヒーターをケージの中にいれてずっとその上に乗っかっている。
→低温やけどやダニが心配。×
2 パネルヒーターでケージを囲っている。
→ケージ内の温度が上がりすぎる。×
3 室内のエアコンを常時暖房にしている。
→皮膚や呼吸器がダメージをうけます。×
4 床暖カーペットの上にケージをのせている。
→ケージ全体が熱くなりすぎ。×
5 人間用のあんかをいれてる。
→発熱量が大きすぎ絶対だめ。×
6 ストーブの近くにケージを置いている
→体温が上がりすぎます。×
7 こたつの中が好きでずっと中にいる →体温が上がりすぎます。×
8 ちょっと寒くなるとすぐにヒーターをいれる
→寒さに対する耐寒力がうせてしまいます。×
9 ケージの天上・四方を覆っている
→通気が悪く呼吸器に悪影響を及ぼします。×
10 たくさん食べさせて元気にさせる
→食事量を多くすると肥満が心配。×

寒さを乗りきる5つのポイント
1.ケージの防寒
窓際においたケージは寒さをもろに受けます。
金属ケージは体温を奪うので床下敷きとしてやわらか牧草、
うさぎのじゅうたんやおざぶなどを敷くといいでしょう。
かじらない子ならウールマットでもいいです。
気温が下がる夜のケージの保温はヒーターとケージの覆いがおすすめ。
覆いは布、ダンボールなどでいいでしょう。
特に窓壁側から冷えるので厚手の布などをかけるといいでしょう。
このとき全面覆ってはだめ。前面はあけましょう。
また、床からの冷え対策としては、ケージの下に銀テックマットなどを敷くのがいいでしょう。
ヒーターを使う場合はヒーターをケージのサイドにハンガーで吊るすようにしましょう。
ケージの中にいれていると低温やけどになってしまいます。

2.うーさん本人の保温
うーさんの体温が奪われないようにしましょう。
わらちぐらや巣箱など体がすっぽりとかくれるものがあるだけで
うーさんはかなりの寒さに耐えられます。
やわらか牧草をケージの中にたっぷりといれることで体温維持しやすくなります。

3.運動
適度に運動することで体温が上がります。
体の血液循環がスムーズになり、胃腸の動きもよくなります。
囲いサークルの中にトンネルやボールなどをいれましょう。
遊び場の床には銀テックマットなどを敷くとよいでしょう。

4.乾燥
寒さと暖房による乾燥で呼吸器感染症が増え、皮膚の代謝が低下します。
スナッフル症状がでたり、足裏がはげる、おしりがハゲる、フケがでる、
毛が抜けるなどの症状が多くなります。
予防としては、湿度を適切に管理すること。
特にエアコンを使ったマンションでは非常に乾燥してしまいます。
湿度が35%以下に乾燥した室内はホコリやチリ毛が舞いやすくなり、
細菌やウイルスが増殖しやすくなります。
くしゃみやはなみずが出て、体力が消耗し、食欲が低下、
長引くとパスツレラ症が進行して肺炎をひきおこすこともあります。
加湿器によって60%程度の適度な湿度にしましょう。

5.栄養補給
適切な体温を維持するにはまず適切な栄養が大切。
極端な寒さは活動性を下げ、食欲も低下してしまい勝ち。
結果として元気や代謝力も落ちるのです。
対策としては、 ややカロリーの高い消化吸収の良いラビットフード、
野菜タブレット、 カロリコなどのビタミン強化食がいいでしょう。

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス